2010年03月23日

任天堂の新携帯ハードは・・・

任天堂3DSですって
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14466120100323



・・・なにこの巧いこと言ってやったぜ的な名前。




3D
というからには立体視に対応してるようです


裸眼で





裸眼の3Dというと、友達のケータイのやつで見たのですが




あれ目がシバシバしますね





そのへんは改善されているのでしょうか






2011年3月期に発売するということですが、ちょっと前言われていた

グラフィック性能を上げた(ryというのはどこへ行ったのでしょうか




早とちり?早とちりだったの?













あとこれもケータイからの印象でしかないのですが

3Dディスプレイって言うのは真正面から出ないとよく見えないですよね




と、いうことは







1つの画面をみんなでわいわいやるというのは無くなってしまうのでしょうか



DSの時点でほとんどなくなってた気がしないでもありませんが

これは根本から無に返しますよね





ここまでして「一人一台のDS」を押し通したいのでしょうか

いや、これは流石に強引な理論なのでしょう










3Dの携帯ゲームというと



バーチャルボーイ




も忘れないでほしいですね





vb_01.jpg



みろよこの画期的なデザイン



真っ赤だぜ



みんな知らないようなハード持ってきてしまいましたが



これには

スタンドに据え付けられたゴーグル型のディスプレイを覗き込むようにしてプレイする。視差の概念を採り入れ、左右の画面に異なる映像を表示させることで立体画面を実現した。テレビに接続せず電池で駆動するが、視界を覆う専用ディスプレイが必要となるため、室内のデスクトップでのプレイが主となる、特異なゲーム機である。

CPUはPC-FXと同じNECのV810を採用している。カスタムチップのV810は20MHzで動作し、浮動小数点演算処理ユニットも搭載している。サウンドはゲームボーイのサウンドとほぼ同じ。波形メモリ音源で、波形を32バイトPCMで変更できる。これを利用して短い声をPCMで発音できた。画面の解像度は384×224。色数は単色・赤色LEDによる赤〜黒の4階調と少ないが、画面の明るさを32段階で調整できる。




32段階・・・



あれですよね



自分で調節とかじゃないですよね・・・










今後の展開に期待しつつ

待つことにしましょう
posted by loly at 18:28| Comment(11) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネタがない・・・

春休みに入り、本格的に引きこもり生活が始まってしまい


ネタがありません




どうしたものか










・・・・・・・








ふぅ


ちょっと「がんばれゴエモン〜でろでろ道中オバケてんこ盛〜」の実況みたら
懐かしさに見入ってしまった






これは小学生の頃友達とやりました


いい思い出です








やりたいなぁ









そういえばこないだ悪の華の単行本買いました



友達に貸しました





面白いと思うんだけどな









どうしよう


ネタもないんでこの辺で
posted by loly at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。